南京夜场论坛

ビネットからワインのボトルを取り出し、何か出てくる準備をしました。キッチンには用意されたアイストレイがあり、澄んだ水を注いだ後、シャイアが少し揺れ、中が凍るような音がした。南京桑拿会所网

「終わった?」

コンスタンティンはうらやましそうに彼を見つめた。「何度見てもミュージシャンにはとても便利だと思う」

「まだミュージシャンではないので使えない。ステージ上でのちょっとしたコツです。」

チャールズはどうしようもなく微笑んだ。「私が若い頃、先生はよくこのテクニックを使って私をからかっていました。私が成長したとき、このテクニックの最大の機能は自分で砂を作ることだと気づきま南京桑拿网した。氷を食べなさい。」

「それから、偉大なミュージシャンに乾杯。」

コンスタンティンがグラスを持ってリードし、チャールズは彼に続いてそれを飲んだ。

二人は多くのトピックについてささいなことを話しました、コンスタンティンとのチャットは非常に興味深いことです、あなたはいつでも良いチャットをすることができます。

数杯飲んだ後、チャールズは幸せになり、アバロンの路上で酔って縞模様になったときの幸せな日々について話してもらいたいと思いました。

彼はこれを考えて身震いした。

結局のところ、私のアイデンティティは以前とは異なり、飲みすぎて習慣的に通りに出くわす南京楼凤论坛と、変質者に捕まり、逃しただけですが、寒くて、裸で走ると簡単に風邪をひきます!

彼は突然とても冷静になった。

「コンスタンティンさん。」

彼は長い間躊躇しましたが、「彼はどんな人ですか?」

「マスター?」と尋ねざるを得ませんでした。コンスタンティンは長い間考え、「あなたはガイウスと言って?」

「うん。」チャールズはうなずいて説明した。「ええと、2日で首長に会いに行くとは言わなかったのですか。私は人です。時間を避けるために事前に確認してください。彼は何か間違ったことを言った。」

コンスタンティンは何かを理解しているようで、笑わずにはいられなかった。「江苏桑拿论坛

私があなたを連れて行かないのではないかと心配していますか?」

チャールズはぎこちなく頭をかいた。

「実際、これは非常に秘密の秘密ではありません。ガイウスがしたことは実際に世界によって目撃されています。」

コンスタンティンは軽く言いました。「多くの人が彼を狂人だと思っているだけです。私はそうします。そう思います。」

チャールズは唖然としました。

彼はコンスタンテ南京桑拿论坛ィンの口