南京夜跑网

落ち着いて言いました:「あなたはあなたに言わなかったのですか、それともあなたは私に言うことを許されませんか?」

「ミス?イン、私は本当にしません」 t「知っている」秘書嬢は、この瞬間、宋を憤慨して見ました。伝説によると、宋王朝のこの宋は不機嫌で、奉仕するのが非常に困難でした。

「わかりました。わからないので、はっきりと聞いてください。」ソン?インは手首の時計をちらっと見た。「30分で答えてください。それでもわからない場合は、年末。今年の受賞は「キャンセル」になります。」

「イ南京桑拿夜网ンさん、恥ずかしくないですか?」秘書さんの心は傾いていたが、それでも苦労していた。

「なに?」宋英は突然嘲笑した。「規則によれば、白会長は宋王朝の従業員、つまり私の部下でもある。上司である私は、勤務時間中に従業員がすることさえしているのだろうか?私に知らせないでください、それは可能ですか?あなたは反対を計画していますか?」

「私、私はあえてしません!」秘書は青ざめました。

宋王朝グループの従業員の福利厚生と待遇は本当に良いです。これは多くの人々が維持したい仕事です。秘書はこの時点で彼女の歯を食いしばりました。賛否両論を比較検討した南京桑拿楼凤网後、彼女はついにグループの記者に屈しました。スケベ。

秘書は曲がってソン?インの耳元でささやいた。「インさん、私だとは言わないでください。実際、大統領は今、ソン?ダシャオとダシャオの仲間を連れて行っています。私は裏通りの赤い邸宅に遊びに行きました。」

「なに!」

聞いた直後、ソン?インは激怒し、テーブルの上で平手打ちをし、「ここでの仕事は疲れ果てている。彼らはあえて窯を訪ねる!」

「インさん、静けさ、いけない」と大声で叫んだ。わくわくするぞ!」秘書は、大声でインさんの声がすごかったことに突然驚いた。外の廊下の人たちがそれ南京桑拿网を聞いているかどうかわからなかった。

「いや!」

意外と、ソン?インは全然聞いていたが、フオは大きな声で立ち上がって拳を握りしめ、「さて、私の性格が明らかになった、それは本当に欲望だ!ついに私は暴露せざるを得ない! !!その場で捕まえられないなら、父の名前をつけます!ソンダ、行こう!」

「オーケー」

ソンダは弱く額をこすり、立ち上がって言った、娘と父の姓は正当化されていませんか?

「ミス?イン、このアカウントでどうしたらいいの?そんなにたくさん」スーメイはすぐに彼に思い出させた。

「あなたは最初にそれを