南京还开的场子

彼の妻は単なる家族の愛情以上のものであることを理解しました。

愛はまだ残っているのかもしれませんが、過去にやったことががっかりしたので、静かにドアを閉めて隠れました。

南京夜网论坛

「何も言わないで、今日はどうして私に聞いてくれるの?」

「お母さんの健康は大丈夫?」劉ジシンはしばらく考えた後、突然尋ねた。

「大丈夫ですが、最近はあまり食べられません。会社の仕事も忙しいです。」女性は首を横に振った。「母は何もわからないおばあさんだと思っていた。私は再び会社を支配することを期待していませんでした。どれほど強いか、同じ人のようではありません。」

「会社、現在の規模を持つために最初に一生懸命働いたのは私の母と父でした。」Liu Zixing首を横に振った。「彼女は実は強い女性ですが、私を迎えた後、少し変化がありました。しかし、私はいつも彼女を失望させま南京桑拿楼凤网した。」

女性は突然劉ジシンを見て、歯を食いしばって言った。 、あなた、あなたの耳」

Liu Zixingは帽子を少し引っ張って、首を横に振った。

「お母さんはまだやさしい」女性は声を下げた。「今回は本当にイライラしたのかもしれないので、教えたい。実の母親はもちろん、虎毒を食べないで。しばらくするとお母さん。

挑んだ後は、私に言わせたほうがいい」そんな卑劣な劉子興を見たことがない。幻想かどうかわ南京夜生活spa论坛からない。枕の横で寝ていたこの男は、数日で10歳のようだ。 。

「まあ、いいね。」劉ジシンはそっとうなずいた。

これが事実である場合、それは南京桑拿网当然最高です。この問題が絶対に不可能であることを彼だけが知っているというだけです。彼が最初に売ったものはどうやって生き残ることができますか?

彼は妻の残りの感情の一部を本当に感じただけで、彼女を失望させたり苦痛にしたりすることをいとわなかった。おそらく、妻の考えでは、劉夫人に許されて改革された日があるだろう。劉の家に戻り、それ以来幸せな生活を送っていました。

たぶん、すべての女性がそのような願いを持っていますか?南京桑拿论坛

この特別な日には、そんな願いが叶わないことを知っていても、軽く、軽く、夢を叶えてください。

「ちなみに、会社の口座に入ることができます。」劉ジシンはゆっくりと妻に小切手を押し出した。

小切手の金額は彼の妻を感動させた。彼女は、まるで自分のエネルギーを使い果たしているかのように、夫がどこで彼の莫大な富を手に入れたのかを推測しようとして、想像を絶するほど夫を見つめま