南京400以内大活场子

ないことです。

Luo Qiuが前に進むと、球形の主制御室が突然入り口を割った。それは明らかに主制御室のドアだった。

制御室には通常の照明はありませんが、空中に浮かぶ多数のスクリーンからの光がすべてをここに見えるようにします。南京桑拿夜网

羅秋はここで若い女の子ガイアを見ました。

直感は、彼の前のガイアがすべての戦闘タイプとは異なることを羅秋に伝えます。

ガイアを除いて、羅秋は中央制御室で眉をひそめ、彼が到着する前に、ここの誰もが早く出発したと直感的に彼に言いました。

シセロの学生だと思います。

彼はここでカウント?デ?クレアに会いませんでした、羅秋は失望していませんでした、彼はちょうど彼の前で目を閉じて女の子に歩いて行きました。

少女は、焦点も感情もなしに、空の目で羅秋を見た。

「何を見てるの?」

この少女の前に立っていた羅秋は、突然意識を失い、目を閉じ、目の前にぼやけたものが現れ始めた。

しか南京桑拿会所网し、これらはほんの一瞬で、速すぎて、彼はそれを捕まえることさえできませんでした。羅秋にとって、それはクラブオーナーとしての彼にとって非常に素晴らしいことでした。

噴火する火山のような奇妙な感情が、洛秋の感情的な限界を一瞬で突破しました!

怒り!

前例のない怒りは彼のものではないようでしたが、それは彼の魂の奥深くにある怒りから来ました。!

洛秋は傍観者のようでした。この怒りが発生し、彼はそれを注意深く区別し、それは彼に衝撃を与えました。この怒りはあまりにも異常で強すぎました。

彼は合理的な分析をする気さえありません。

まるでこの怒りに彼を飲み込ませたかのように。

この瞬間、雷と稲妻でできた槍が少女の手から静かに振り出された。

それは羅秋の胸に直接浸透し、羅秋は目を開け、曖昧で不明瞭な乱雑な情報は即座に彼の考えから追い出されました。

雷と稲妻の槍の腕を持った目の前の少女は絶えず震えていました。少女はまだ無表情で、目はまだ空っぽで、前兆はありませんでしたが、このように涙が流れました。

そして彼女の額には、この瞬間に金色の紋章がゆっくりと現れました。

レイティンは一瞬にして羅秋の胸から中央制御室に突入し、稲妻のビームが羅秋の体を破裂させ、稲妻の破裂によって完全に粉砕された。

そして少女は、この瞬間、雷槍を持っている手が突然落ち、涙が流れ出し、彼女の目はまだ波のない停滞した水のようでした。

空中には、黒い霧の痕跡が徐々に浮かび上がり、黒い